ポルシェ997のエアコンスイッチのべたべた修理承ります。

ポルシェ911(997)のエアコンパネルのスイッチ
この型のポルシェのエアコンスイッチはラバー塗装がされていますが、劣化とともにべたつきや剥がれが生じてきます。
ユニットの交換となるとかなり高額になってしまいます。
補修するにもツマミ部分は透過照明となっているので技術がある所でしか修理できないのです。

弊社には、レーザー加工機がございますので、べたついた樹脂の剥離し塗装後にレーザー加工機を使用して、
文字を再現することが可能です。もちろん内側からの照明で光る透過照明も忠実に復元します。

オーナー様をはじめ、業者様のご依頼もお受けしております。ぜひお問合せください!


●取り外した状態です。手で触ってみると粘着テープのようにベタベタになってしまっています。


●べたついた樹脂の剥離し、下地処理後にブラックでペイントします。


●レーザー加工機を使って、表面を削り絵文字を再生します。


●このようにオリジナルと変わらないように仕上げることができます。


●組み付けて完成です。

(P997 エアコンスイッチ修理の流れ)

1.電話・ホームページよりご依頼お願いします。

2.エアコンユニット本体を元払いで発送下さい。

※スイッチの分解は当社で行いますが、動作に影響ない部分ですので、
修理返送後に不具合がおきたというクレーム等は一切お受けできません。
梱包をしっかりした状態で送って下さい。

3.銀行振込で代金のお支払い

4.修理作業開始(通常、約一週間くらいです)

5.完成後、当社より発送致します。

お見積り、納期確認などのお問い合わせは「お問い合わせ」よりお気軽に・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です